外出するとき:安全に配慮して楽しい外出を

安全性と生活シーンで選ぶベビーカー

今やファミリーのマストアイテムともいえるベビーカー。A 型は生後1か月ごろから使え、水平にリクライニングできます。機能が充実したものは少し重いかもしれませんが、赤ちゃんには快適。また軽量でコンパクトなB 型は、おすわりができるようになる7か月ごろから使えます。使用するときはベルトを正しくしっかり装着しましょう。段差や悪路ではベビーカーごとの転倒にも気をつけて。転倒のおそれがあるのでエスカレーターでのベビーカーの使用はやめましょう。電車やバスに乗るときは周りをよく見て、安全を確認してください。

抱っこひもはこんなことに注意

最近はパパが抱っこひもで赤ちゃんを抱いている姿もめずらしくなくなりましたね。まずはバックル類やベルトの止め方、赤ちゃんの姿勢や位置など、取り扱い説明をよく読んで正しく使用してください。おんぶやだっこをするときや赤ちゃんを降ろすときは、低い姿勢でしましょう。また、前かがみになったときにうっかり赤ちゃんを落とさないよう、気をつけてください。

2020年度 母子健康手帳 副読本 協賛団体

コンビ株式会社 https://www.combi.co.jp

2020年3月30日よりセキュリティ強化及び運営事務局変更のため、新システムになりました。
以前に会員登録をされた方は、お手数ですが再度会員登録をお願いいたします。

赤ちゃんの肌に植物生まれのスキンケア

WAKODO はいはい

キュレル ご出産お祝いプレゼント!

母子健康手帳 副読本アプリ

わくわくナビを紹介する