ママ&ベビーの健康管理①:おなかの赤ちゃん、順調に育っている?

●妊婦健診は必ず受けましょう

妊娠中の女性にとって一番気になるのは「妊娠が順調か」「おなかの赤ちゃんが無事に育っているかどうか」ですね。こうした不安に応え、妊婦さんと赤ちゃんの健康を守るのが「妊婦健診」です。日本では妊娠初期〜23週までは4週ごと、妊娠24週〜 35週までは2週ごと、36週以降分娩までは1週ごと、計14回程度の健診回数が望ましいとされています。実は、他の国での妊婦健診はこれより少なく、日本の妊婦さんは手厚い健診を受けているともいえるのです。 健診では、妊婦さんの体重や血圧測定、赤ちゃんの心音や大きさをチェックするほか、医師・助産師などから妊娠中の気がかり、不安についてのアドバイスが得られます。特に気になることがなくても、必ず受診しましょう。なお、現在は産後も2回分の健診費用が助成されています。
*健診については厚生労働省リーフレット「“妊婦健診”を受けましょう」もぜひ参考にしてください。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken13/

●胎動と心音のこと

おなかの赤ちゃんの状態を確認するため、医療機関では超音波や心拍モニターなどを用いますが、妊婦さん自身がおなかの赤ちゃんの状態を“ 感じる”のは、おそらく「胎動」によってでしょう。赤ちゃんの動きが伝わってくるのは本当にうれしく、またほっとするものですね。胎動は早い人で妊娠5か月(16週)ごろから感じられるようになります。

2022年度 母子健康手帳 副読本 協賛団体

株式会社ちゃいなび http://chinavi.co.jp/