入浴&スキンケア:スキンケアの基本は「清潔」「保湿」です

生後すぐから、お風呂は毎日

赤ちゃんの肌にはすでに大人と同じ数の汗腺がそなわっていて、新陳代謝も盛ん。つまり汗や皮脂で汚れやすい状態なのです。肌を健やかに保つには、まずこれらの汚れを落とすこと、つまり「清潔(洗浄)」が大切です。入浴は毎日しましょう。初めての赤ちゃんでしたら最初の1か月はベビーバスを使った沐浴が安心。出産した施設はもちろん、両親学級などでも教えてもらえますから、お父さんもぜひチャレンジしてみてください。男性の大きな手での沐浴は、赤ちゃんも安心するようです。

じょうずな沐浴のコツ

沐浴の際、湯温は夏は37 〜39 度、冬は38 〜40 度が目安です。湯温計を使って必ず確かめましょう。刺激の少ない洗浄料をよく泡だてて、手のひら、つまり素手でそっとやさしく洗います。汚れやすいおしりや性器のひだ、耳のうしろ、うなじ、わきの下、手首、ひざの裏、足の指の間もきちんと洗いましょう。皮脂のつきやすいほほ、ひたい、まゆ毛の部分も、こわがらずに洗浄料を使って手で洗います。
洗い終わったあとはすばやく全身をふきますが、ごしごしこすらないのも大切なポイント。タオルをそっと押し当てるようにして水分をふきとります。入浴は、皮膚を清潔にするだけでなく、リラックス効果もあります。また裸にするので、赤ちゃんの全身を観察するにもよい機会です。

清潔にしたあとは「保湿ケア」を忘れずに

水分をやさしくふきとったあとは、全身に保湿剤をたっぷり塗り広げ、お肌を乾燥や刺激から守りましょう。生まれてすぐから、こうした保湿ケアを習慣にしたいですね。授乳や離乳食で口のまわりや顔が汚れたときは、水をたっぷり含ませたコットンなどで押さえ、そのあとに保湿剤を塗ってあげましょう。ほほや口のまわりはとても乾燥しやすい部位だからです。

おしりはどうする?

下痢のときなどは別ですが、おむつ替えのたびにおしりを洗うと皮脂膜がとれてしまうので洗いすぎは禁物です。1日1回は洗浄料でやさしく洗い、洗ったりふいたりしたあとは、やはり保湿剤を塗りましょう。

2020年度 母子健康手帳 副読本 協賛団体

持田ヘルスケア株式会社 https://www.babycare-net.com/

2020年3月30日よりセキュリティ強化及び運営事務局変更のため、新システムになりました。
以前に会員登録をされた方は、お手数ですが再度会員登録をお願いいたします。

赤ちゃんの肌に植物生まれのスキンケア

WAKODO はいはい

キュレル ご出産お祝いプレゼント!

母子健康手帳 副読本アプリ

わくわくナビを紹介する