ファミリーの保険:家族を築く、未来を育てる

家族の将来に向けて検討を

妊娠・出産を機会に、家族みんなの保険を見直してみましょう。民間の保険会社の医療保険・生命保険は、所定の入院や手術、万が一の場合などのときに給付金が支払われるもので、思わぬ出費にそなえることを目的にしています。病気やけが、死亡などの際には、契約内容に応じて給付金や保険金が支払われます。医療保険のうち、がんだけを対象にしたものが「がん保険」、要介護状態になったときに保障を受けられる「介護保険」もあります。
一般に、こうした医療保険・生命保険、さらに個人年金などは、加入年齢が若いほど支払う金額が低く設定されていますので、早めに比較検討するといいでしょう。

学資保険も早めの加入がお得

「できるなら2 人でも3 人でも子どもは欲しい」と考えているカップルが多くいますが、ためらう理由の一つに「教育費」があげられています。学資保険は、子どもの将来の入学金や学費などの教育資金を確保することを目的にした保険です。自分で貯金するのはなかなかむずかしいものですが、学資保険であれば毎月積み立てられますし、それぞれの時期に満期お祝い金として戻ってくるのがいい点です。
このほか、子どものための医療保険、火災や地震などから家屋や資産を守る損害保険も、この機会に検討してみるといいでしょう。

2020年度 母子健康手帳 副読本 協賛団体

フコク生命 https://www.fukoku-life.co.jp/gakushi/

株式会社ほけんの時間 https://www.hokennojikan.com/

2020年3月30日よりセキュリティ強化及び運営事務局変更のため、新システムになりました。
以前に会員登録をされた方は、お手数ですが再度会員登録をお願いいたします。

わくわくナビを紹介する